ひかりと雫と

5歳むーくんとのんびり暮らしを夢見るワーママ 北欧インテリアも好き

【東京蚤の市2019.5】去年の教訓を胸に、今年も北欧雑貨探し!初日は大混雑でした。

おはようございます。

よつば🍀です。

 

5/11.12と、大井競馬場にて行われている東京蚤の市に行ってきました!

今年は混雑が激しかったです・・・

 東京蚤の市2019@大井競馬場

昨年の5月に初めて行った東京蚤の市。

想像以上に楽しく、これは是非もう一度行きたいと、今年は満を持していってきました!

第15回東京蚤の市 | 2019.5.11(sat) – 5.12(sun) at大井競馬場

去年は子連れで行って、なーんにも見られなかったんです。。。

雰囲気を楽しんだだけ(;´∀`)

 

場所は 大井競馬場 去年と変更されてます

今回で15回目の東京蚤の市。

昨年5月に行ったので、今年も同じくらいにやるのかなとアンテナを張っていたら、実は秋口にももう一回の計2回毎年やっていたようです。

今年の開催場所は大井競馬場!f:id:yotuba78:20190512052811j:image羽田空港からほど近い東京の臨海部です。

前回まではオーバル京王閣という競輪場だったので、場所の変更に要注意です!!
f:id:yotuba78:20190512052539j:image

 モノレールの駅の下には水面が・・・
f:id:yotuba78:20190512052616j:image

駅はこじんまりしてますね。なんだかレトロ。

駅からは歩いて数分で会場に到着! いざ買い物―と思ったら・・・
f:id:yotuba78:20190512052609j:image

ここまでの写真は帰宅時(15:00)に撮影したもので、到着時11:00はこの人だかり。。。
f:id:yotuba78:20190512052820j:image

人だかりだけだったらよかったんですが、長蛇の行列。

オープン直後に行ったのがいけなかったのかなと思ったのですが、帰り際の駅にもこの表示が・・・。

いやぁ・・・今年の混雑はすごかったですよ。

少なくとも、昨年5月の蚤の市は中は混雑していたものの並ばず入れました。
そんなこんなで、11:00到着でしたが、大井競馬場の外周を半周ほどを並んで会場に入れたのは12:00すぎでした(;^ω^)

子連れにしない!食べ物を持参する!と去年の教訓から学んだのですが、これが今回効きました。
4歳児を連れて途中炎天下で1時間の行列には並べません。

また、お昼ご飯のおにぎりを持参することで行列中に腹ごしらえをして、入場後はすぐに買いまわることが出来ました。

行儀は悪いのですが子供をオットに預けていることもあり、時間がなかったもので(*_*;

 

あとは、事前にHPででていた会場マップを家で印刷してきました。

お陰で並んでいる最中も、入場後どうやってまわるか友達と作戦会議をすることが出来ました。

トイレも、私が行った午前中は会場内および大井競馬場駅が大混雑だったので、その手前の乗換駅で行っておいた方がベターだと思います。

1時間待ってようやく入場! 並んでもやっぱり来て良かった( *´艸`)

そんなこんなで12:00過ぎのようやく入場。

入場の際には、入場料700円を支払い、会場マップをもらいます。

入場料、昨年は500円だった気が・・・

混雑しているので、おつりが無いようにするのがいいです( *´艸`)

 

入場するとすぐに植物店のエリア!

まずは大混雑の豆皿市を目指そうと思いつつ、あまりにも可愛いお店が多くてすでに目移り。f:id:yotuba78:20190512052748j:image足が止まりました。

そして、昨日のブログで植物をこれ以上増やさないと書いたくせに、実はこのお店で多肉植物を購入しました(;^ω^)
f:id:yotuba78:20190512052803j:image
一つ300円でリーズナブルでした!!

solxsolというお店ですが、どうやら初日11日しかやっていないお店の様です。

多肉植物・サボテンの専門通販・購入 solxsol(ソルバイソル)

 

あとは植物のモビールもかわいくて!

ここは北中植物商店というお店でした。

top - 北中植物商店

f:id:yotuba78:20190512052728j:image

 

一番混んでいた道

混雑に負けず、とにかく奥に奥にと進みます。

この写真のエリアが一番道が混んでいました。

MAPで見ると、東京北欧市と書いてある251-260のお店あたりです。

特に夕方は帰る人と進む人でかなりぎゅうぎゅう・・・

この会場、奥に進むための迂回路がないからこうなっちゃっていたようです。

左奥に見える建物が、L-WINGという東京おやつ通りや古書を扱うエリアでしたが、今回は時間がなく見れませんでした。
f:id:yotuba78:20190512052755j:image
色々なお店に目移りしながら進み、こちらがSTAGE 大きな木が目印です。
f:id:yotuba78:20190512052734j:image
ステージではなんだか楽しそうな音楽が流れていました。

 

ところで、会場内はかなり日差しが強く、防止や日傘が必須です。

混雑していると日傘がさせないので、日焼け止めもですね('ω')ノ

東京豆皿市&箸置き市

やっとの思いで、豆皿市のやっている4号スタンドに到着!

このときすでに13:00近く・・・(だいぶ途中のお店に目移りしてました(;´∀`))
f:id:yotuba78:20190512052741j:image

少し薄暗い建物ですが、外の日差しが強かったので、ひんやりとした建物の中で体もちょっと回復。

f:id:yotuba78:20190512052719j:image
この建物の中でも、一番奥に位置していたのが、東京豆皿市&箸置き市
f:id:yotuba78:20190512052711j:image
私がついた時には、量産されていて通販でもよく買える皿は残っていましたが、作家さんの出品していたものはかなり品薄な状態でした。

一番気になっていた京千のものは一つもありませんでした。。。(ノД`)・゜・。

やきもの工房・ギャラリー 京千 – 京千は長崎県波佐見町にある焼き物の工房です。日用食器の他に、赤い器、箸置き、ボタンやアクセサリーなど。幅広く多様な焼き物を作っています。

よってここの戦利品はなし。

豆皿と言えどひとつ1000円以上のものばかりだったので、好きなものがあるとかなり散財しそうだったので逆によかったのかなと自分を慰めました(;^ω^)

 

残念な豆皿市でしたが、手前の東京てぬぐい市はとても楽しくて!!

我が家はダイニングの壁に季節ごとに手ぬぐいを飾っているので、それ用に2枚購入しました(*´з`)♡
f:id:yotuba78:20190512062428j:image

町中であまり見ないテキスタイルの手ぬぐいがたくさんあって楽しかったです!

 

四号スタンドから入り口に戻る

建物を抜けると強い日差しの中に舞い戻ることになりました。

昼過ぎになり、今年初めてのエリア『世界のティールーム』やフードエリアは予想通り長蛇の列ができていましたが、それを横目に私はとにかくお買い物(*‘∀‘)

 

昨年子連れのためよく見られなかったスタジオエム!

studio m'|家庭用食器ブランド スタジオ エム|オリジナルデザイン食器

f:id:yotuba78:20190512052701j:image

じっくり見られて、お皿を二つかいました。f:id:yotuba78:20190512053050j:image

このお店の後ろは競馬場が見える広場なので、ゆっくり座ってご飯が食べられそうでした。

屋根はないので長居はできなさそうですが、ここが会場内で一番空いていました(;´∀`)
f:id:yotuba78:20190512052646j:image

とにかく天気のいい日だったので、商品が映えて映えて!
f:id:yotuba78:20190512052655j:image
なんでもきれいに見えます。。。
f:id:yotuba78:20190512052638j:image
欲しくなります。。。

f:id:yotuba78:20190512052623j:image

でもぐっと我慢!

実は、小物類は我慢できたのですが、気に入った家具を見つけてしまい、購入してしまいました。

しかも、大物だったので会場で決めきれず帰宅したのですが、夫と相談して買おう!ということになり、ダメもとでメール連絡をしたら購入出来ることになりました。

こちらは届いたら紹介しますね!

とにかく一点物の多い蚤の市、気になった物があったら、お店のカードをもらっておくことで後日買える可能性が出てきます!

でもやっぱり売れちゃうことがあるので、その場で買うのが一番ですよね!!

 

念願のスワッグ 

こちらは入り口近くのhanadocoro enn スワッグを作ってくれます。

栃木・宇都宮でお花・花束ギフトをお探しなら|ハナドコロ エン

f:id:yotuba78:20190512052628j:image

 こちらも人気店の様で、一緒に行った友達が昨年欲しかったけど買えなかったそうで。

今年は12時過ぎにお店の前を通ったときに、14:00-15:00の整理券を配っていたのでそれをもらっておき、無事に購入することが出来ました!

入り口入ってわりとすぐ右側にあるので、気になる方は入場後すぐに整理券をもらうことをお勧めします!

 

値段と作ってほしい雰囲気を伝えて、その場で作ってくれます。

3000円以上からだそうなので、私は5000円で、『カラフルでさわやかな感じ』でお願いしたところこんな素敵なものを作ってもらえました。

 f:id:yotuba78:20190512052830j:image

家に持って帰ったらの注意書きも書いてありましたよ!
f:id:yotuba78:20190512052633j:image


帰り道

15:00頃の入り口付近はこんな状況

この時間でさえ、どんどん入場していってました。

個人的には、商品がかなり減ってきていたので、やっぱり午前中に行くのがオススメかなーと思いますが、この時間に入場するのにはなにか目的があるんですかね!?

気になりました。
f:id:yotuba78:20190512052619j:image
駅まではスムーズで、モノレールも行き程の混雑もなく帰れました。

おそらくもっと遅く帰ると混んでいたのでは??

だって、15:00の時点で駅にこの張り紙が( ゚Д゚)!!
f:id:yotuba78:20190512052543j:image

想像以上に混んでいた・・・でも楽しかった東京蚤の市でした。

 

購入したものたち 初めてのスワッグ

 f:id:yotuba78:20190512052916j:image

そういうわけで、購入品はこちらです。

多肉植物は外に置いたので写っていません。

チランジア、実は今まで2回枯らしたことがあるんですが、このサイズが1200円で売っていて思わず買ってしまいました。。。

オットに呆れられましたが・・・三度目の正直!頑張ります。

 

スワッグは、根本にひもをつけて・・・

 f:id:yotuba78:20190512053054j:image
リビングとダイニングの間に飾ってみました!
f:id:yotuba78:20190512052901j:image
実は、友達につられて買ってしまった感じもあったんですが・・・買ってよかった!!( *´艸`)♡
f:id:yotuba78:20190512052843j:image

建売の何の変哲もない部屋が、素敵空間になりました!
f:id:yotuba78:20190512052830j:image

これから徐々にドライフラワーになっていくと思うので、その変化も楽しんでみたいと思います。

 

 ▼東京蚤の市が好きならここもぜひ!

埼玉の飯能市は北欧ののんびりした雰囲気が味わえますよ!

www.hikaritoshizukuto.com

www.hikaritoshizukuto.com

www.hikaritoshizukuto.com

 

 

ブログ村、下記のカテゴリーで参加中です(*'ω'*)🎶

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村 <p